トップ龍門司焼(鹿児島) > 龍門司焼・4.5寸飯碗

龍門司焼・4.5寸飯碗

↓大きい写真をクリックすると拡大してご覧頂けます。

龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗
龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗 龍門司焼・4.5寸飯碗

龍門司焼・4.5寸飯碗

  • サイズ:口径 13.5~14cm、高さ 約7cm
    ※サイズは目安です。手仕事の為、商品には多少の歪み、個体差があります。
  • 産地:姶良(鹿児島県)
  • 生産者(窯・作り手):龍門司焼企業組合
  • 販売価格:4,800 (税込:5,280 円)
  • 数量 :

    残りあと5個
かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

・送料(税込)は商品の大きさに関わらず、発送先別の料金設定となっております。詳細はこちらをご覧ください。
・合計11,000円(税込)以上のお買い上げは送料無料とさせて頂きます。
・贈り物には、ギフト包装をご利用いただけます。
※現在ギフト包装が可能な商品は「数量」の下のプルダウンで『ギフト包装 ボックス・包装』を選択できる商品のみとなります。その他の商品につきましては、大変お手数ですがお問い合わせ下さい。
※現在キャンペーン期間中につき、ギフト包装を無料で承っております。
・商品の写真は本来の色を再現しようと心がけていますが、撮影環境やお使いのPC等の環境によっても見え方が変わりますので、ご了承ください。

白い化粧土に飴釉と緑釉が施された飯碗です。
ひとつひとつ表情の異なる三彩が、龍門司の美しい化粧土に映え器を彩っています。
飯碗としてはもちろん、小鉢としてちょっとしたおかずをのせても様になります。

サイズ:口径 13.5~14cm、高さ 約7cm
※手仕事の物ですので、商品には多少のゆがみや個体差があります。サイズは目安となります。

※釉薬の垂れ方はひとつひとつ異なります。
※焼成時に生じた小さな付着物や黒い点が見られます。また、高台に指の跡がございます。ご了承ください。

・龍門司焼について

鹿児島の姶良にある龍門司焼は、1598年朝鮮半島より渡ってきた朝鮮人陶工によって始められた古帖佐焼の流れをくむ窯です。1688年、桜島を南に臨む山ふところに築かれ、以来三百年余りの歴史を守り続けています。陶祖山元碗右衛門をはじめ、川原芳工、芳寿、芳平、芳光、芳次等多数の名工の遺風は、尊い伝統とし今日まで生き続けています。

明治中期には、西窯と新たに東窯が築かれ、共同窯方式での焼き物作りが始まり、昭和十年代後半まで続いてきました。戦後、昭和二十三年に協同組合を設立し、昭和二十五年に現在の龍門司焼企業組合となり、江戸時代からの伝統技法を引き継いできた陶工達が結集し、新たな龍門司焼作りが始まりました。昭和三十九年に龍門司焼の三彩が県の無形文化財に指定され、技術保持者として川原軍次氏が指定を受け、ここを終生の仕事場としました。

龍門司焼ではいまだにその地で採れる土、釉薬だけを使い、先人陶工達の苦労と努力、たゆみない研鑚によって築き上げられた伝統が守り継がれています。


 

・龍門司焼の魅力

龍門司焼を特徴づけるものに、焼成すると黄味がかった色合いになる化粧土があります。

もうひとつがその白い化粧土に飴釉と緑釉を交差するように掛け流す「三彩流し」です。掛け流すと言いましたが、焼く前はイッチンのラインのようになっていて全く見た目が異なります。焼くとそれが溶けて自然な流れになるのです。言葉は必要ないぐらい美しいものですが、焼き具合は毎度違うので、いつもきれいに色が出るかというとそうではありません。

龍門司では、花瓶、皿、黒茶家、からから、茶器、食器、鉢、しゅけ、茶道具等、薩摩の文化から生まれた独特の焼き物を作りますが、yaoraでは中でも民藝に通じ、現代の暮らしの中で使えるものを選びぬいてご紹介させて頂いています。


 

・川原史郎さん、竜平さん

史郎さんは戦後、丹波立杭焼の再興に尽力した伊勢・神楽の窯の奥田康博のもとで修行していました。「龍門司焼に川原史郎あり」ともいわれた史郎さんは、現在龍門司焼企業組合の理事長を務めています。

史郎さんの長男である竜平さんは若い頃から窯の方向性を理解し、真面目に仕事に取り組んできました。今では龍門司窯の中心人物として日常の焼き物作りに励んでいます。

関連商品

トップページへ